コーナーリング、ブレーキングなどの操縦性が抜群

ミッドシップ・レイアウトの車の長所は、このエンジン搭載方法が多くのスポーツカーに採用されていることを考えればよくお分かりになると思います。すなわち、その操縦性が他の搭載方法の車に比べて格段に優れているのです。車をその走行性能から考えた時に最も重くなるエンジンをどこに積載するのかという問題が出てきます。フロントに置く場合、どうしても前輪に荷重が集中してしまいます。FF車などの場合にはフロント・ヘビーになりますから、どうしてもアンダーステアが出てしまいます。またFR車の場合にはそのバランスを取り戻すためにアクセルを踏み込むと、途端にオーバーステアとなってしまいます。一方後部にエンジンを置くRRなどの場合にはリア・ヘビーとなりますので、コントロールを受け持つ前輪の荷重が抜け気味となり、不安定な挙動を示す場合があります。この点、ミッドシップ・レイアウトであればボディの重心がほとんど中心に位置しますから、コーナーリング時における姿勢は非常に安定します。またブレーキングについても非常にバランスの良い効き方となります。車の動作の基本は、走る、曲がる、止まる、ですが、この曲がると止まるについて非常に優秀な特徴を示すのがミッドシップの特徴なのです。

コメントは受け付けていません。