ミッドシップがF1でも採用されている理由

ミッドシップエンジンとはエンジンを車体の中央に配置した車のことを言います。エンジンは非常の重量があるために、車のどの部分に配置するかによって走りに大きな影響を与えます。ミッドシップの場合、エンジンが車の中央に配置されるために前後のバランスが良くなり、コーナリング性能などが格段にアップします。そのために本格的なスポーツカーなどにミッドシップエンジンが採用されることが多くなります。カーレースの最高峰と言われるF1マシーンもこのミッドシップエンジンです。

しかし、普通の乗用車に採用されることはまずありません。というのは、室内スペースをエンジンが潰してしまうために2人乗りを余儀なくされ、またトランクルームもほとんど確保できないので、実用性が非常に低くなってしまうからです。さらに、ドライバーのすぐ後ろにエンジンがくるために熱や騒音の問題も生じます。しかし、その点を割り切ってスポーツ走行を楽しみたい方には、ミッドシップ車は非常に魅力的です。

国産車ではホンダNSXやビート、トヨタMR‐S、外国車ではフェラーリなどスーパーカーにミッドシップ車が多いです。また、三菱の厚生的な軽自動車アイもミッドシップです。

コメントは受け付けていません。